DDPに拡張筐体を追加する際、もしくは原因不明の問題が起きた際に、クライアントマシンよりDDPクイックサポートアプリケーションを使用してのDDPのログやステータス確認だけでは、十分ではないことがあります。

よって、”サービスコネクション”と言われるリモートコネクションプログラムが、全てのDDPに搭載されており、どのような状況であっても遠隔によるサポートが可能です。


必要条件としては、DDPがインターネットに接続されており、”サービスコネクション”が開始されていることになります。


接続期間中、secure shell tunnelがoutgoingがポート番号22を通り、Ardis Technologiesにある固定モデムアドレスに接続されます。

もしカスタマーがセキュリティ上の不安があるのであれば、Ardis Technologiesがカスタマーが許可するリモート接続を行えるようにいたします。


サービスコネクション(またはVPN)はDDPサービスには必須であるため、デフォルトではNIC2はDHCPになっています。

サービスコネクション設定手順はこちらのトピックをご参照ください。